はじめての方へ

あなたの症状を最短で根本改善するために

初診時のカウンセリング、検査

カウンセリング風景

あなたがお困りの症状をなるべく早く根本的に改善するためには、行きあたりばったりの施術では不可能です。

当院では施術方法、頻度、期間などの施術計画を立て、計画に沿って鍼灸施術を進めます。

初診時に施術計画を立てるための準備として、問診票の記入、カウンセリング、数種類の検査を入念に行い、症状の程度や原因、お体の状態を徹底的に調べます。

その情報をもとに、あなたに最適な施術計画を作成し2回目の施術時にご提案させて頂きます。

約20分ほどでカウンセリングや検査を行い、その後1回目の鍼灸施術を行いますので、初診は約60分になります。

計画は頻度や期間をご提案しますが、強制ではありませんのでご安心下さい。

費用やご都合などを考慮させて頂き、最適な計画作成ますので、ご要望があれば何なりとお申し付け下さい。

理想的な鍼灸施術の頻度と期間

症状改善のための頻度と期間の関係を表したグラフ

お困りの症状をできるだけ早く根本改善するためには、施術の頻度や期間が非常に重要になります。

ある程度改善するための施術頻度と期間の目安

  • 週2回の場合→3週間である程度改善
  • 週1回の場合→6~8週間である程度改善
  • 2週間に1回の場合→効果が期待できません

理想的な頻度

鍼灸治療の様子その①

1回の施術ではどのような症状も根本的な改善はできません。
施術を開始した初期は、3~4日経つと日常の生活の疲れなどで効果が薄れ、症状がもとの状態に戻ってしまうため、施術効果を積み重ねることが重要になります。

施術効果がまだ濃く残っている間にもう1度鍼灸施術を行うと、効果の積み重ねが早くなり、改善までの期間も短くすることができるため、理想的な頻度は週に2~3回で、最低でも週1回は必用です。

理想的な期間

鍼灸治療の様子その②

改善までの期間は、主に頻度に関係して短くも長くもなり、頻度が高ければ期間は短く、頻度が低ければ長くなる傾向があります。

そして、当院では症状の根本改善までを2つの期間に分けており、症状を感じない状態にするための期間を症状改善期、またすぐに再発しないよう症状の原因を根本的に改善する期間を体質改善期として、各期間6回の鍼灸施術での改善を目安にしております。

体質改善期終了のまでの施術頻度と期間の目安

週2~3回の頻度で施術した場合、(1~2ヶ月)

週1回の頻度で施術した場合、(3ヶ月~)

これらの頻度や期間はあくまで理想的な目安であり、症状の経緯や状態、体質、あなたの生活習慣、アドバイスするセルフケアができるかなどにより、根本改善までの期間は変わります。

初診で得られた情報をもとに、最短で根本改善をするために必要な理想的な計画をご提案させて頂きますが強制することはありません。
また、費用やご都合なども症状改善するために重要な要素であり、しっかりと対応致しますので遠慮なくお申し付け下さい。

可能な範囲で計画案に沿って頂くことで、改善効率を最大限引き出すことが可能になります。

一時的に金銭面などで負担が掛かるように感じますが、頻度が空くほど結果的に改善までの期間、金銭的負担、あなたの辛い時間が増えてしまいますので、施術開始後はじめの2~3回は、高めの頻度での施術をお勧めしております。

ご予約から施術までの流れ

写真は左右にスライドできます

ご予約

ご予約

当院は予約制になっております。
予約なしで来院された場合、先約があると、お待ち頂いたり施術ができない場合もありますので、お電話か、LINE、メールで必ず予約をお取り下さい。

初回

初回

お困りの症状を速やかに改善するため、計画に沿って施術を行います。
そのため初診時、問診票の記入、カウンセリングを徹底的に行いあなたの状態を的確に把握します。

2回目

2回目

初診時の情報を基に症状を改善するための、鍼灸施術の方法、頻度、期間などあなたに最適な施術計画をご提案します。
ご納得頂ける計画にすり合わせてから本格的に施術を開始します。

お着替え

お着替え

施術時は、ベットの横の籠に荷物を置き着替えて頂きます。
半袖のTシャツと短パンをご持参して頂くか、当院で用意してあるガウンご利用下さい。

鍼灸施術

鍼灸施術

はりをした後、症状に合わせ座った状態、または寝た状態でしばらく休んで頂きます。
終了後、私服に着替えて頂きます。

お会計

お会計

最後に、お会計と次回の予約などをして頂きます。

注意事項

当院ではじめて鍼灸施術を受けるうえでの注意事項をまとめました。

細心の注意を払い施術を行いますが1~2割の方に、体が怠くなったり、症状の場所が変わってきたりと、施術中、施術後に一時的に体が怠くなったりする場合があります。

これらは好転反応と言われ、改善がが進む過程(体が良くなっている途中)で起こるものであり全く問題はなく半日から1日でおさまりますのでご安心下さい。

(※下記注意事項を守らず体調不良になられた場合は、当院は一切責任を負いませんので、施術前に必ずご確認下さい。)

施術前後の飲酒は厳禁!

鍼灸施術前後は飲酒厳禁

※施術前8時間は飲酒は必ず避けて下さい!

お酒に酔っている状態で施術を行うと体の変化が激しく起こり、体調が悪くなることがあるため危険です。
また、効果も期待できませんので、飲酒の可能性があると判断した場合、施術をお断りしております。

※施術をした当日の飲酒は必ず避けて下さい!

施術後は体に様々な変化が起こるため、飲酒により体調が悪くなる恐れがあります。

また、鍼灸の効果も薄れてしまいますので、施術当日は飲酒は必ず避けて下さい。

施術前後の食事、運動、入浴について

施術前後の入浴は控えて下さい

鍼灸施術の前後1~2時間は、食事、運動、入浴は、体調や体質により気分が悪くなる場合がありますのでできるだけ控えて下さい。

止むおえない場合を除いて、施術の帰りに買い物や、仕事をするのは避け、ゆっくり休む時間を設けるようにして下さい。

内出血、青あざなどについて

はりの後の内出血

はりを刺すため、小さな内出血、腫れ、青あざなどになることがありますが、腫れは1日程度で、青あざは5~10日程度で痕も残らす消えますのでご安心下さい。

※施術中に迷走神経反射という、貧血の様な症状や気分が悪くなることがあります。
これらも一時的なものであり、数分休んで頂くとすぐに治りますのでご安心下さい。

逆にそれだけの変化が、数本のはりを刺すだけで起こせるという事は、鍼灸施術があなたの体を変化させるために有効であるという証明でもあります。

好転反応

鍼灸の好転反応後元気になった女性

施術後、体には血行増加、筋肉の弛緩、自律神経の変化など様々な変化が起こっているため、

  • 体が怠くなる
  • 痛みが一時的に増す
  • 違う場所が痛くなる

などの変化が起こることがあります。

中には鍼灸施術が「合わないのではないか?」と心配される方もみえますが、ご安心下さい。

これらは好転反応と言われ、体が元気になる過程で良い方へ変化が起きている証拠であり、半日、または次の日ゆっくり過ごして頂ければほとんどの場合解消されます。

施術後の過ごし方

鍼灸施術後、帰って休息をする女性

※鍼灸施術後は、なるべくゆっくりと過ごして下さい。

激しい運動、長時間同じ姿勢の継続(携帯、パソコンなど)、精神的ストレスなどの負担を掛かると、施術効果が少なくなるばかりか、症状を一時的に増悪させる可能性があります。

また、施術後にも体が変化しているため、ゆっくり睡眠をとるなど体を休めて頂くことで鍼灸施術の効果をさらに引き出すことができます。
施術後は寄り道をせず帰宅し、帰宅後はしばらく横になり休んで頂くのが理想です。
※数回の施術で症状が解消されてしまった場合でも、急に健康な時と同じように体を使わないで下さい。

症状がとれたばかりの時は、まだ治っていない段階ですので無理をするとすぐに症状がぶり返してしまうことがあります。

施術開始後2~3週間は、調子が良くても、まだ調子が悪くらいのつもりで、慎重に行動して下さい。