逆子

逆子の改善なら可児市のふじかけ鍼灸院

逆子の改善なら可児市のふじかけ鍼灸院

逆子でお困りではありませんか?

もしあなたが

  • 逆子と診断され、逆子体操など色々しているが効果がない
  • 「このまま改善しないと帝旺切開。」と言われたが、なるべく自然分娩で生みたい
  • 帝王切開の日程が迫っているため早急に改善したい

上記の状態でお困りでしたら

当院へご連絡下さい。

あなたと同じ様に逆子で困っていた方々が、当院の鍼灸で逆子を改善し自然分娩で出産されています。

可児市のふじかけ鍼灸院で逆子が改善した女性

可児市周辺で逆子でお困りのあなたへ

逆子の患者様とのカウンセリング

ふじかけ鍼灸院の逆子のページをご覧頂きありがとうございます。
院長、藤掛重幸です。

1974年生まれ、可児高校時代に鍼灸師にあこがれこの道へ。明治国際医療大学卒業、その後大阪の病院や鍼灸院などで6年間修業し、2005年可児市でふじかけ鍼灸院を開院しました。国家資格を取得後22年で10万人の施術実績があり、治せるはり治療を探求しております。

逆子体操など色々やってみたけど、逆子が治らない…。
予定日が迫ってくると帝王切開の日程が決まったりして、焦ったり不安になりますよね。

ご安心下さい。
当院は逆子の改善症例を多数経験しております。

『帝王切開ではなく、できれば自然に出産したい。』と思われたら、私と逆子改善に取り組んでみませんか?

逆子をできるだけ早く改善できるよう、あなたを全力でサポートします。

(※週数が経つほど逆子の改善率は下がるため、できるだけ早目にご連絡下さい。)

逆子が改善した方の声

33週逆子、2週間後に改善

アンケート用紙

30週で逆子と診断され逆子体操等をしていましたが治りませんでした。
色々調べていたところお灸が良いとのことで33週からこちらに通い始めました。
お灸をすることで足が温かくなり赤ちゃんもよく動いている様に感じ、通い始めて約2週間後に逆子が治りました。
ありがとうございました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

長く続いた逆子が改善、嬉しかったです!

アンケート用紙

そちらでは大変お世話になりました。今日、検診に行ってきました。

なんと!!!逆子が治っていましたー。
嬉しかったです!!

受付の方にも助産師さんにも、逆子が長く続く方は、帝王切開になることが多いですよとお聞きしましたので、戻って良かったです!!

根気良く治療して下さり、ありがとうございます。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

逆子でお困りのあなたに特別なご提案!

「お困りの症状を何とかしたい!」というあなたに特別なクーポンをご用意しました。

不安や迷いがあるとは思いますが、
まずは一度『お試し』のつもりで
気軽にお越し下さい。

初回6,500円
(初診料2,000円+施術料4,500円)が

クーポン利用で約45%割引2,900円

毎月先着10様限定
この機会をお見逃しなく!

ふじかけ鍼灸院初回割引キャンペーン

キャンペーン適用の際は必ず
『キャンペーンを見て…」とご連絡下さい。

ふじかけ鍼灸院の電話番号

LINEで予約する

ふじかけ鍼灸院のメール

逆子とは

逆子の女性

妊娠して数か月の間はまだ胎児が小さく、子宮の中で様々な姿勢になっていますが、出産が近づくにつれ、通常子宮口の方へ頭を下に向けた状態になります。

しかし、出産間近になっても足やお尻が下になった状態、または体が横向きになった状態を俗に逆子と言い、医学用語で骨盤位と言います。

妊娠の5~7か月までは約30%、8ヶ月で約15%、9ヶ月で約7%程度に逆子がみられ、出産時まで逆子である確率は3~5%と言われています。

逆子の種類

逆子は胎児の姿勢によって4つに分類されます。

単臀位
お尻が下にあり両足が上を向いている状態。
逆子の70~80%にあたり、自然分娩でも安全性が高い。

複臀位
お尻が下にあり、体育座りのような状態。
両膝を曲げている全複臀位と、片足を曲げもう片方は伸ばした状態の不全複臀位がある。
お尻が足よりも確実に下になっていれば経膣分娩も可能、しかし、単臀位よりはリスクが上がる。

膝位
膝立ちをした様に足を曲げ、膝が子宮口を向いている状態で、逆子の20~30%にあたる。
両膝を曲げた全膝位と、片膝は曲げ片足を伸ばしている不全膝位がある。

足位
足を立ったように伸ばし足先が子宮口を向いている状態で、逆子の1%にあたる。
両脚を下へ伸ばした全足位と、片足は下へ伸ばしもう片方は上にあげている不全足位がある。

逆子の原因

逆子になる原因はわかっていませんが、以下の様な場合に逆子になりやすいと考えられています。

  • 子宮内のスペースが狭く胎児が動けるスペースがない
  • 子宮のスペースが広すぎて胎児の位置が一定に定まらない
  • 小柄な体形で骨盤が狭い
  • 子宮口付近に胎盤が位置する前置胎盤
  • 子宮筋腫などで子宮の容積が狭まっている
  • ハート型にくぼみのある双角子宮など、子宮の奇形
  • 羊水多が多すぎる、羊水が少なすぎる
  • ストレス、疲労
  • 冷え

胎児側の要因

  • 体が大きく成長しすぎて子宮内で動けない
  • 体が小さすぎて位置が定まらない
  • 水頭症など、胎児の頭が大きい
  • 双子などで動くスペースがない
  • 未熟児
  • へその緒が短すぎる
  • へその緒が長すぎて体の一部に絡まっている

病因での治療

逆子の女性の診察

外回転術

妊娠後期に出産が近くなっても逆子が治らない場合、胎児が回転しやすい時期、また逆子に戻ってしまわない時期を見計らい、産婦人科の医師によって外回転術が行われます。

超音波モニターで胎児の様子を観察しながら、2~3分ほどで慎重にお腹の上から手で押さえて胎児の体を骨盤の凹みから外し、反背中回りに回転させます。

保険が適用され成功率は6~7割程度とされています。

しかし、出血がある、子宮口が開いている、破水している、へその緒が胎児に絡み付いている場合は行うことができません。
外回転術は、胎盤剥離や破水、胎児への何らかの負担、へその緒の圧迫や巻絡を引き起こすなどのリスクがあり緊急の帝王切開が必要になる場合もあります。

また、外回転術をしてもまた逆子に戻ってしまうこともあります。

帝王切開

逆子の場合、出産前に破水の危険性が高くなる、出産が困難になる、骨折や死産の危険性がある、へその緒が圧迫され低酸素症による脳性麻痺などの危険が生じるなどの危険性があるため、ほとんどの場合妊娠37~38週に日程を決め予定帝王切開による出産になります。

時間は約1時間ほどで、切開部分は約15㎝。
局部麻酔で行われるため、出産後すぐに赤ちゃんと対面することができます。

手術と聞くと不安になりますが、あなたと赤ちゃんの安全を第一に考えておこなう大事な手段になります。

逆子体操

逆子改善のために逆子体操をする女性

赤ちゃんの回転を促す方法で、妊娠30週を過ぎても逆子が改善しない場合に赤ちゃんの回転を促すための逆子体操が勧められます。

胸膝法、ブリッジ法などがありますが医学的な根拠、効果は不明と言われています。

※お腹が張るなど、異変がある場合はすぐに中止して下さい。
また、切迫流産などの危険がある場合などはおこなってはいけません。

※実施される場合は必ず医師の指示のもとでおこなうようにして下さい。

膝胸位
寝る前に、両膝をつき四つん這いになり、胸を下げお尻を高く持ち上げる姿勢を15~20分間キープします。
その後医師に指導された方向の横向きで寝ます。

※お腹の右側に赤ちゃんの背中がある場合は左を下に、お腹の左側に赤ちゃんの背中がある場合は右を下にして寝ます。

ブリッジ
仰向けに寝て、お尻の下に枕や布団を入れお尻を約30cm持ち上げ10分間キープします。
この姿勢を1日2回おこないます。

他にも逆立ち、ウォーキング、側臥位(横向き)で寝るなどの方法があります。

逆子の原因と改善法を知っていますか?

『逆子の原因』と『どうすれば改善できるのか?』を、あなたをコップに例えて説明します。

写真は左右にスライドできます

■体のメンテンスをしなければ10~20代から、毎日の仕事や家事の疲れがコップの中に少しずつ溜まっていきます。■全身に筋肉のこり、血行不良などが起こり始めます。

■毎日の疲れは少しずつ溜まるため、コップが満タンになっても自覚がありません。■全身的な筋肉こり、血行不良、自律神経の乱れが進み、体の機能が低下してしまいます。

■溜めきれなくなった疲れがコップからあふれ出した時様々な症状が現れます。■この時点で全身の機能低下が進み肩こり,腰痛,生理痛,便秘,冷え性などの症状が現れます。子宮の働きも低下するため、この状態で妊娠すると逆子になりやすいと考えております。

■その後、根本改善をせず何年もの間放置することで(または1人目の出産、育児により)常にあふれ出した状態になります。■全身の機能、子宮の働きもさらに低下しており、さらに逆子になりやすいと考えております。

■逆子改善のためにはまず第一に、コップからあふれ出ない状態に戻す必要があります。■血行改善、筋肉のこりを解消、自律神経を整えることであなたの体を活性化していきます。まず、肩こり,腰痛,睡眠の状態,頻尿,気分などが改善していきます。

■コップを空に近づけることで、あなたの体を本来あるべき状態に近づけます。■あなたの体が元気になっていくことで、子宮の働きも良くなり逆子が改善に向かいます。

当院の逆子に対するはり施術

逆子改善のお灸

当院では逆子に効果のあるツボにお灸をしながら、手や足にはり治療をおこない逆子の改善を目指します。

ほとんど逆子の方に頭痛、肩こり、腰痛、便秘、生理痛(妊娠前)、冷え性などの慢性的な症状、または夜中に何度も目が覚める、頻尿など妊娠に伴う症状がみられます。
このような状態は筋肉のこり、血行不良、自律神経の乱れが全身的に起こり、機能が低下している状態といえます。

お灸やはり治療で全身の機能を改善していくと、まず肩こりや腰痛、冷え、頻尿などが解消し、良く眠れる、気分が良い、赤ちゃんが以前よりよく動くようになるなど、お母さんと赤ちゃんの体に変化が現れます。

お母さんの過緊張の状態の体をリラッックスさせることで、子宮の働も活性化されます。
すると赤ちゃんが蹴る位置が下から横、横から上へと順番に変化して行き、逆子が改善されていきます。

鍼灸で得られる②つのメリット

逆子が改善した後も、安産を目的として出産まではり治療を継続して頂くことをお勧めしております。

そうすることで①安産になりやすい、②赤ちゃんに良い影響があるという2つのメリットが得られます。

①安産になりやすい

安産灸をして安産で出産をした女性

逆子を改善していく間にも、お母さんの体は元気なっていきますが、出産まで鍼灸を継続して頂くことで体に溜まっていたものがさらに解消され『最大限元気な状態』でお産に臨むことができます。

そうすることで安産になりやすく、分娩にかかる時間、出血量がともに正常である人が多かった、という調査結果もあるようです。

また、産後のひたち(産後の回復)にも良いとされています。

②赤ちゃんに良い影響がある

逆子のお灸、安産灸をして出産した赤ちゃん

当院で安産灸まで行い出産された方の話を聞くと、夜泣き、かんむしなどがなく、おっぱいも良く飲むため、非常に手のかからない丈夫な赤ちゃんが生まれることが多くあります。

医学的に立証はされていませんが、鍼灸でお母さんの体の環境が良くなることで赤ちゃんがいる子宮内の環境も良くなるため、体の成長を促し情緒も安定させるができるのではないかと考えております。

鍼灸にはウォーキングをしたり、マタニティヨガをしたり、音楽を聴いたりするのと同様、またはそれ以上の効果があると経験上実感しています。

はりで逆子が改善した方の声

33週逆子が36週目に改善

アンケート用紙
33周になり、逆子がなかなか治らなく、帝王切開の日にちも決まっていたんですが、どうにか治らないかと調べていたら、お灸が良いと聞きました!
初めての事なので、どんな感じか不安もありましたが、最初のカウンセリングも丁寧にして頂き、お灸も少しあついと感じますが冷え性の私には、体がポカポカする感じがすごく良く分かりました!
そして針もやる事で体が軽くなるようなそんな感覚になり、元気な体ってこんな感じなんだ~っと感動しました!!(^^)手術の日まで、週2日.3日で通わせて頂き、検診前もなんとな~く動く位置が上の方に変わった感覚が続いてたので、もしかすると、、、
変わったかな~と思いながら、36周目に入り検診に行きました!産婦人科の先生もビックリ!!!『頭下になってる~っ!』思わず旦那さんと、ガッツポーズで喜びました!!!本当に嬉しかったです!!
先生や看護師さんにもこの時期に治るなんて珍しいよ~って!! 藤掛院長にも大感謝です!ありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))出産まで後少しですが、安産灸で週1で通おうと思ってます!
逆子ももちろんお灸、針はとても体に良いんだなとすごく実感しました!またよろしくお願いしますm(_ _)m

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

35週の逆子が改善、冷えや便秘、むくみの改善のきっかけにも

アンケート用紙

臨月間近、妊娠35週の健診で逆子と診断され、37週までになおらなければ帝王切開での出産になると言われました。焦って色々調べたところ、ここまでの週数になると逆子が戻る可能性は低いとのこと。

しかし出来るだけのことはやろうと思い、たまたまホームページで見つけたふじかけ鍼灸院さんに伺うことにしました。

鍼灸が初めてだった私は、痛いんだろうな〜と覚悟して行きましたが全く痛くなく、それどころか身体がポカポカ温まってリラックスでき、お腹の中で赤ちゃんが動くのが分かりました。

院長さんもとても知識が豊富な方で、自宅でのお灸の仕方や、それ以外にも妊婦には冷えは良くないことや、母として穏やかな気持ちで過ごすことの大切さを教えて頂きました。

そして驚いたことに、2日連続でこちらに通って、その次の日の健診で逆子がなおっていました!
半ば諦めていたので、本当にこちらに通って良かったと思いました。
逆子をなおすだけではなく、冷えや便秘、むくみなど様々なトラブルを改善するきっかけにもなりました。

これからもお灸は続けていきたいと思います。ありがとうございました!!!

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

第2子34週逆子が2週間で改善

アンケート用紙

第2子を妊娠してからずっと頭が上の状態が続き34週の検診で逆子が判明。

戻るか戻らないかはくじ引きと同じで何とも言えないつと言われ産院の先生には「逆子でも経産婦さんだからほとんどリスクはないでしょ。36週で戻らなかったらまた相談しましょう」と言われ現在の状況と帝王切開の承諾書などの書類を渡されました。
あんまり気にしなくても良いと言われましたが正直ショックでした。

なので同じく逆子になった友達に聞いたところお灸でなおったと聞きました。
そのお友達の紹介で私も通ってみることにしました。

私は34週の終わりから1週間に3回と教えて頂いた通りお家でやった所36週の検診で頭が下になっていました‼すごい嬉しかったです‼

初めてから胎動の位置や動き方の変化が目に見えて感じられ楽しくなりました‼
まさかすんなり戻ると思わなかったので嬉しかったです‼

これからは安産灸としてのんびりやって行ければ良いと思っています。
初めてのお灸はとても緊張しました。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

まだ迷っているあなたへ特別なご提案!

知らない鍼灸院へ行く時には、不安や迷いがあると思います。

迷っているなら、

まずは『お試し』のつもりでお越し下さい。

当院のはりを体験されたほとんどの方が、「これなら、もっと早く来ればよかった。」と言われます。

それでもまだ不安や迷いがあるあなたへ、特別なクーポンをご用意しました。

初回6,500円
(初診料2,000円+施術料4,500円)が

クーポン利用で約45%割引2,900円

毎月先着10様限定
この機会をぜひご利用下さい!

ふじかけ鍼灸院初回割引キャンペーン

キャンペーン適用の際は必ず
『キャンペーンを見て…」とご連絡下さい。

ふじかけ鍼灸院の電話番号

LINEで予約する

ふじかけ鍼灸院のメール

院長からのメッセージ

 

私は22年の臨床経験と自身の体験から、

『健康な体』であることが、
人生を充実させるための基本である!

と確信しています。

体の調子が良いと、気分が良いという体験は、あなたにもあるのではないでしょうか?
『気分が良い。』
そんな毎日を、10年20年と続けられたら人生に必ず良い影響があるはずです。

人生をより良くするための基礎である『健康な体』作りをサポートしたいという理念のもと、ご来院頂く方の症状を一刻も早く改善し健康な体を取り戻して頂けるよう、日々の臨床に臨んでおります。

院長写真

辛い症状がなぜ現れるのか?

それは生活の中で長年かけて疲れが蓄積された結果、筋肉のこり、自律神経の乱れ、血行不良など全身の機能が低下してしまっていることが原因であると考えております。

一刻も早く辛い症状から開放され健康な体を取り戻すためには、その原因を的確に把握し、計画的かつ根本的に改善していくことが重要です。

あなたの症状を根本改善に導くため、当院は徹底したカウンセリングと検査で原因を特定し、あなたに最適な施術計画を提案させて頂きます。

はじめての鍼灸院は色々な不安があると思いますが、当院ではお得な初回特典もご用意しておりますので、『まずはお試し』のつもりで気軽にお越し頂ければと思います。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。