顔面神経麻痺

可児市で顔面神経麻痺の改善ならふじかけ鍼灸院へ

可児市で顔面神経麻痺の改善ならふじかけ鍼灸院へ

顔面神経麻痺でお困りですか?

もしあなたに、

  • 顔の片側半分が動かないため、会社に行けない
  • 力が入らず眼を閉じることができない
  • 笑おうとしても頬や口角が上がらない
  • 食べ物や水が口からこぼれる
  • 顔面神経麻痺と診断され早くもとの状態に戻したい
  • 眼や口の渇きや、耳鳴り、味覚障害がある
  • 後遺症が残らないようにしたい

 

上記の症状が1つでも当てはまるなら

当院へご連絡下さい。

あなたと同じ様に顔面神経麻痺で困っていた方々が、当院の鍼灸施術で改善し、顔の動きのも元通りになり、思いっきり笑うことができる日常をとり戻しています。

顔面神経麻痺が改善した女性

可児市周辺で顔面神経麻痺を改善したいあなたへ

自律神経失調症の患者様とのカウンセリング風景

ふじかけ鍼灸院の自律神経失調症のページをご覧頂きありがとうございます。
院長、藤掛重幸です。

1974年生まれ、可児高校在学中に鍼灸師にあこがれこの道へ。
明治国際医療大学を卒業後、大阪の病院や鍼灸院などで6年間修業し、2005年地元の可児市でふじかけ鍼灸院を開院しました。

国家資格を取得後22年で10万人の施術実績があり、ご来院頂くあなたのために治せる鍼灸治療を日々探求しております。

顔面神経麻痺は、突然顔が動かななくなり、食べ物がこぼれる
人前に出れないなど日常生活に支障を来してしまいます。
早目にはり施術を受けることで、改善を早めることが可能です。

もしあなたが『辛い顔面神経麻痺を何とかしたい。』と思われたら、当院へご連絡下さい

あなたがお困りの自律神経失調症を、できるだけ早く根本的に改善できるよう全力でサポートします。

「辛い症状を何とかしたい。」というあなたに、割引キャンペーンをご用意しました。

まずは一度『お試し』のつもりで
お越し下さい。

毎月、先着15様限定

ふじかけ鍼灸院初回割引キャンペーン

キャンペーン適用の際は必ず
『キャンペーンを見て…」とご連絡下さい。

ふじかけ鍼灸院の電話番号

LINEで予約する

ふじかけ鍼灸院のメール

顔面神経麻痺とは

顔面神経麻痺に悩む女性

顔面神経は第7脳神経とも呼ばれ、脳から顔面神経管と呼ばれる骨の中の狭いトンネルを通り、耳たぶの後ろ辺りの茎乳突孔という穴から頭蓋骨の外に出て、耳下腺(唾液を分泌する器官)で3本に分かれ顔面の筋肉を動かす表情筋の全てに分布しています。
顔面神経がこの経路のどこかで障害され麻痺することで、表情筋が動かなくなってしまう状態を顔面神経麻痺といいます。(ベル麻痺とも呼ばれる。)

顔面神経麻痺の約半数が突発性(突然発症する)とさており、脳腫瘍や脳卒中などによる中枢性の場合、顔面神経が障害を受ける末梢性の場合、外傷や手術の後遺症、生まれつきのものがあります。

このページでは末梢性の顔面神経麻痺について説明していきます。

主な症状は、ある日突然顔の片側が動かなくなり、目を閉じられない、笑う時に口角が上がらない、食べ物や飲み物が口から漏れる、涙や唾液の分泌低下、味がわからないなどの症状がでます。

顔面神経麻痺の原因は不明とされていますが、近年ヘルペスウイルの関与しているという考え方が一般的になっています。

通常、コルチステロイドや、抗ウイルス薬による治療が行われ約80%は完治が可能、約20%に麻痺が残るといわれています。

処置とは関係なく2~3カ月で緩解していくといわれていますが、発症後48時間以内にコルチステロイド服用することで改善が早やまり、かつ改善度も高まることや、時間の経過とともに改善しにくくなり6カ月を過ぎると表情筋が衰えてしまい麻痺が残ってしまうため、顔面神経麻痺は発症してからなるべく早く適切な処置を開始することが重要になります。

顔面神経麻痺の症状

顔面神経麻痺は障害を受ける神経によって場所や程度、症状がとこなります。
また、近くを通る顔面神経以外の神経が障害されることもあり、表情筋の麻痺いがにの症状が現れる事があります。

  • 眼が閉じれない
  • 眉毛が動かない
  • 笑っても頬や口角が上がらない
  • 口が閉じれない
  • 顔が曲がる
  • 食べ物や水が口からこぼれる
  • 話づらい
  • 味覚がおかしい
  • 涙が出ない
  • 唾液が出ない
  • 音が響く
  • 耳鳴り、難聴がある

などの様々な症状が伴います。

危険な症状

脳卒中でも顔面神経麻痺が突然起こることがあるため

  • ろれつが回らない
  • 頭痛
  • 意識障害
  • 手足の麻痺、しびれ

などの症状を伴う場合は一刻を争いますので早急に病院へ行って下さい。

顔面神経麻痺の原因

顔面神経麻痺で顔をさえる女性

末梢性の顔面麻痺は原因は不明とされていますが、近年ではウイルス感染が原因であるとされ、ヘルペスウイルスなどの感染により、顔面神経管という骨のトンネル部分で顔面神経が腫れることにより神経が圧迫され顔面神経麻痺がおこるとされています。

その他、コクサッキーウイルス、サイトメガロウイルス、インフルエンザウイルス、流行性耳下腺炎、風疹、単核球症などでも顔面神経麻痺がおこることがあります。

一般的な顔面神経麻痺の対処法

耳鼻咽喉科で、顔面神経のむくみを取るステロイドとウイルスの増殖を抑える抗ウイルス剤による対処法が行われるのが一般的です。(最近では抗ウイルス薬は効果がないとの示唆もある。)

これにより約80%の方は元の状態に戻り、約20%の方に後遺症が残ってしまう可能性がありますが、発症後48時間以内にコルチステロイド服用することで、速やかかつ改善度が良好になることがわかってきました。

また、表情筋の麻痺が長く続き動かさないと筋肉がどんどん委縮し、6カ月が過ぎる頃にはかなり委縮してしまい後遺症が残ります。

そのため、顔面神経麻痺を発症後できる限り早く適切な処置を開始することが重要になります。

後遺症が残ってしまった場合、表情筋の動きを回復させる手術やボツリヌス菌による対処法などが選択されます。

鍼灸による顔面神経麻痺の改善

「はりが顔面神経麻痺に効くの?」と思われる方も多いと思いますが、WHO(世界保健機構)でも顔面神経麻痺は鍼灸の適応症であると認められており、鍼灸で比較的効果が得られやすい症状として認識されています。

患部の血流改善や神経の炎症を抑える効果が、顔面神経麻痺の改善に大きく関わっていると考えられ、日本でも、

‘難治症状、慢性症状に対して、鍼が有効である。‘‘

‘‘末梢性顔面神経麻痺に対して鍼が有効である。‘‘
顔面神経麻痺 鍼灸の学術記事より引用。)

といった顔面神経麻痺に対する臨床報告が多数報告されています。

当院の顔面神経麻痺に対する鍼灸施術

顔面神経麻痺の改善のために手にはりを刺す院長

今までに顔面神経麻痺の患者さまを何人もみさせて頂きました。
当院では董氏楊氏鍼灸という伝統的な鍼灸の方法を採用しており、顔にはりを刺すことはなく、主に手や足のツボを使い顔面神経麻痺の改善を目指します。

董氏楊氏奇穴には長い歴史の中で探し出された、一般的に使われるツボよりさらに効果の高いとされえるツボが手や足に760か所あり、その中からあなたの顔面神経麻痺にあったツボを選びはりをします。

血流促進、止痛、抗炎症、神経調整が強力に促進されるため、当院で以前行っていた整体やマッサージ、患部にするはりと比べ段違いの効果を発揮します。

  • 病院のステロイドでもあまり改善が見られない
  • もっと早く改善し、後遺症が残らないように社会復帰したい
  • 発症後日数が経ってしまい症状の改善が思わしくない

などの場合、病院と併用しながら当院の鍼灸をぜひお試し下さい。

鍼灸の場合も病院での処置と同様に発症後早めに開始することで改善度が上がるため、早目にご連絡をして下さい。

当院の施術法

根本改善を目指します

顔面神経麻痺の患者様に鍼灸施術で、はりを足に刺している風景

「症状を抑える薬」「痛い部分を揉むだけ」などの対症療法では、原因が残っているため改善までに時間がかかるばかりか、慢性化してしまうな場合もあります。

当院では対症療法ではなく、症状の原因を改善します。

顔面神経麻痺はヘルペスウイルスが原因であると言われています。
ヘルペスウイルスに感染していても健康な場合は無症状ですが、免疫力が低下した時に症状が現われます。

当院に来られる顔面神経麻痺に患者様の多くが、自覚のない全身的な筋肉のこり、血行不良、自律神経の乱れなど全身の機能低下が存在して免疫力の低下がみられ、そして、機能低下が解消されていくにつれ顔面神経麻痺も改善していきます。

この様な事実から当院では、全身的な筋肉のこり、血行不良、自律神経の乱れを施術のターゲット、また、改善の目安としてはり施術を行い、顔面神経麻痺の原因を改善してくことで根本的な改善を目指します。

計画的な施術で改善効率を高めます

問診票、検査結果、施術計画書

何年も掛かって蓄積された全身の機能低下は、行き当たりばったりの施術を繰り返しても効果がありません。

そのため当院では、施術計画を作成しこれに沿ってはり施術を進めます。

初診時に行うカウンセリングや検査で、症状の状態、経緯、体力、年齢、患部以外にどの筋肉がこっているかなど、体の状態を徹底的に調べ、これらの情報をもとにしてあなたに最適な施術計画を作成します。
この計画に沿って施術を進めることで改善効率を高めます。

変化を実感できるはりをします

董氏楊氏奇穴で手にはりをしている所

『改善できる鍼灸』を探求する中で、現在当院では董氏楊氏奇穴(トウシヨウシキケツ)というはり施術の方法を採用しております。

董氏楊氏奇穴には、一般的に使われるツボより効果が高いとされるツボが手や足を中心に740個あり、その中から症状にあったツボにはりを刺すと、血流改善、神経調節、止痛、抗炎症、などの働きが強力に活性化されます。

これにより機能低下が改善、自然治癒力が高まるため、顔面神経麻痺の根本的な改善を促すことが可能です。

 

セルフケアで改善効率を高めます

ストレッチをする女性

鍼灸施術を開始後、お家でできるストレッチやトレーニングなどのセルフケアや習慣改善をアドバイスします。

これを行うことで鍼灸施術の効果を維持しやすくなり、顔面神経麻痺の改善を早めることが可能です。

また、施術期間中からセルフケアを習慣化することで、施術終了後もご自身で体のメンテナンスができる様になります。

顔面神経麻痺が改善した方からの声

顔半分全く動かない顔面神経麻痺が改善

アンケート用紙

ある日突然、顔面神経麻痺になりました。
顔半分が全く動かない状態になり、とても不安でした。
耳鼻科に通いながら他に出来ることはないかと調べていたところ、鍼灸が良いと知りこちらに通い始めました。

早期の集中的な治療が大切とのことで、週に4〜5日位通い続けました。
慣れないうちは鍼の痛さに挫けそうにもなりましたが、先生に励まして頂き、通い始めて半月経つ頃から少しずつ少しずつ顔の表情が動くようになり、1ヶ月半後には ほぼ以前のように動かせるようになりました。
本当に感謝です。

先生の明るいお人柄のおかげで、前向きな気持ちで治療に取り組むことが出来ました。

また笑顔で笑えるようになりたい、という初診の時に立てた目標が叶い、通わせて頂いて本当によかったなと思っています。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

まだ迷っているあなたへ

知らない鍼灸院へ行くのは、不安や迷いがあると思いますが、

迷っているより
一度『お試し』のつもりで
お越し下さい。

 

毎月、先着15様限定

ふじかけ鍼灸院初回割引キャンペーン

キャンペーン適用の際は必ず
『キャンペーンを見て…」とご連絡下さい。

ふじかけ鍼灸院の電話番号

LINEで予約する

ふじかけ鍼灸院のメール

予約から施術までの流れ

写真は左右にスライドできます

ご予約

ご予約

当院は予約制です。
お電話かLINE、メールで必ず予約をお取り下さい。

初回

初回

カウンセリングや検査を徹底的に行い、あなたの症状を的確に把握します。

2回目以降

2回目以降

はりで症状を根本的に改善するために、あなたに最適な施術プランをご提案します。

お着替え

お着替え

はりをする時は、半袖のTシャツと短パンをご持参して頂くか、当院で用意してあるガウンご利用下さい。

はり施術

はり施術

はりをしながら、しばらく休んで頂きます。

お会計

お会計

お着替えの後、お会計と次回の予約などをして頂きます。

院長からのメッセージ

 

私は22年の臨床経験と自身の体験から、

『健康な体』であることが、
人生を充実させるための基本である!

と確信しています。

体の調子が良いと、気分が良いという体験は、あなたにもあるのではないでしょうか?
『気分が良い。』
そんな毎日を、10年20年と続けられたら人生に必ず良い影響があるはずです。

人生をより良くするための基礎である『健康な体』作りをサポートしたいという理念のもと、ご来院頂く方の症状を、一刻も早く改善し健康な体を取り戻して頂けるよう、日々の臨床に臨んでおります。

院長写真

辛い症状がなぜ現れるのか?

それは生活の中で長年かけて疲れが蓄積された結果、筋肉のこり、自律神経の乱れ、血行不良など全身の機能が低下してしまっていることが原因であると考えております。

一刻も早く辛い症状から開放され健康な体を取り戻すためには、その原因を的確に把握し、計画的かつ根本的に改善していくことが重要です。

あなたの症状を根本改善に導くため、当院は徹底したカウンセリングと検査で原因を特定し、あなたに最適な施術計画を提案させて頂きます。

はじめての鍼灸院は色々な不安があると思いますが、当院ではお得な初回特典もご用意しておりますので、『まずはお試し』のつもりで気軽にお越し頂ければと思います。

あなたのご来院を心よりお待ちしております。