腰痛とは

腰痛とは

腰痛に悩む男性

厚生労働省の国民生活基礎調査で腰痛は、男性の自覚症状の第1位、女性では肩こりに次いで2位と言われ、非常に多くの方が訴える症状の一つです。

四つ足で歩く動物に比べ人間は上半身の体重を腰で支えなければならず、立っているだけで腰に大きな負担を掛けていると言えます。
さらに、現代の社会生活での中では、重い物をもつ、同じ姿勢を長時間続けるなどさらに腰に負担を掛かることが多いため、どうしても腰痛になりやすいと言えます。

「たかが腰痛。放っておけばそのうち改善する。」と長い間放っておくと、慢性的な腰痛になったり、ぎっくり腰や腰椎ヘルニアなどになる可能性もあるため、早目の改善が重要になります。

腰痛の原因

仕事で腰痛になった男性

腰痛の原因は様々なものがありますが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、原因が特定される腰痛は約15%といわれており、残り約85%は検査をしても原因が特定できない非特異的腰痛といわれる腰痛になります。

原因が検査で特定できない腰痛は・長時間の同じ姿勢・重い物を持つなど日常生活の中で蓄積される筋肉の疲労・冷え・運動不足などによる筋力の衰え・精神的ストレスなどが原因といわれています。

また慢性化した腰痛の場合、腰の痛みが精神的なストレスとなり、それが続くと、脳の痛みを抑制する「下行性疼痛抑制系」という神経経路が働かなくなり、さらに痛みに過敏になるという悪循環が進んでしまうことがあります。

腰痛の症状

一般的な腰痛は、以下の様な症状が現れます。

  • 腰が重怠い、痛い
  • 体を動かす時に痛い
  • 朝起きた時に痛い
  • 同じ姿勢をしている時に痛い
  • 同じ姿勢をした後、動き始めに痛む
  • 仰向けに寝れない
腰痛に悩む女性

慢性化すると隣り合ったの関節にも悪影響が広がり、腰痛だけでなく肩こり、股関節痛、膝痛、頭痛、便秘、下痢、生理痛、冷え性などを伴うようになります。

また、ぎっくり腰になる可能性が高くなります。

さらには、慢性化した腰痛を放っておくと、骨や軟骨に負荷が掛かり、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの原因となる可能性があります。

下記の様な症状がある場合は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、腰の神経が障害されている場合があるため病院での検査が必要です。

  • 足のしびれ
  • 足の感覚の麻痺
  • 尿や便が出にくい、または失禁

以下の症状がある場合は大動脈解離、脊椎の細菌感染、癌などの進行性の病気などの可能性があるため早急に病院へ行って下さい。

  • 体を動かさなくても腰が強く痛む
  • 突然の激しい腰痛
  • 腰痛とともに熱がある
  • 腰痛が徐々にひどくなる

一般的な腰痛の対処法

病院の対処法

病院では腰痛に対して、一般的に保存療法が行われます。

薬物療法
鎮痛薬・湿布・神経ブロック注射

理学療法
牽引・温熱療法・電機療法・マッサージ

認知行動療法
痛みに対する感じ方や考え方に働きかける療法

整骨院、整体の施術

温熱療法・電機療法・牽引・マッサージ・背骨や骨盤の矯正

腰痛について詳しくはこちら

腰痛